読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日本再発見ノート Rediscover Japan. 

株式会社さとゆめ・嶋田俊平の日々の思い、出会い、発見

「上天草の和風だし」、「熊本県農産物加工食品コンクール」金賞受賞!

熊本 さとゆめ

f:id:ssshumpei:20140923111102j:plain

少し前のことですが、昨年度弊社が商品開発に関わらせて頂いた「上天草の和風だし」が、「熊本県農産物加工食品コンクール」で金賞を受賞しました!具体的には、弊社デザイナーが、パッケージのデザイン制作、販促ツール、ウェブサイトのデザイン・制作等々を担当しました。

f:id:ssshumpei:20140923111100j:plain
(熊本日々新聞の記事)

これだけでもとても嬉しいのですが、さらに嬉しいことに、この商品を、さとゆめLAB SHOPで販売もさせて頂けることになりました。というか、もう販売開始しております!

f:id:ssshumpei:20140923111103j:plain

自社が開発に関わった商品を、自社の店舗で販売できるのはこの上ない喜びです。こういった状況をつくってくださった方々全員に感謝です。

商品の入荷に際しては、上天草から篠田さんと浦上さんにお越しいただきました!
f:id:ssshumpei:20140923111104j:plain

上天草の恵みがギュッと詰まったお出汁を、この機会に是非!6パック入り600円(税込)

最後に、さとゆめLAB SHOPのFacebookページから、上天草の和風だしの誕生秘話を引用です。

 
f:id:ssshumpei:20140923111105j:plain
昨日入荷した「上天草の和風だし」
誕生秘話のご紹介!

自然に恵まれた上天草市では、
年間を通じて様々な食材が収穫可能です。

しかしながら、少量多品目という地域特性のため、
大規模な取引には限界があります。

また、旬の新鮮な食材は鮮度が命であり、
気温の変化や時間の経過など、些細なことで劣化が生じます。

そのため、食材の販路開拓においては
東京や大阪といった消費圏との距離がネックとなるのです。

少量多品目、そして消費圏からの距離。
この2つの問題を解消するために、
地域を愛する39人が立ち上がりました。

一人ひとりが地域の課題を自分ごととして捉え、
その上で、点ではなく地域という面の単位で
“みんなごと”として取り組んだ結果、
この「ご当地和風だし」が誕生しました。

上天草の海と山の恵みがギュっと詰め込まれた、
まち自慢の一品です。

ぜひ、あなた好みのレシピで召し上がってみてください。
f:id:ssshumpei:20140923111101j:plain