読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日本再発見ノート Rediscover Japan. 

株式会社さとゆめ・嶋田俊平の日々の思い、出会い、発見

活きた殻付き牡蠣を簡単に食べられる「カキぽん」はいかが?

日本百貨店 さとゆめ ラボショップ 千葉 宮城

f:id:ssshumpei:20140224103154j:plain

今、秋葉原「日本百貨店しょくひんかん」と、永田町「さとゆめLAB SHOP」で、宮城県浦戸諸島の商品を販売しておりますが、その浦戸諸島のイチオシが、こちら、「カキぽん」です!!

こちら、この浦戸諸島フェアのために、浦戸諸島の牡蠣漁師さん達と一緒に、商品開発してきたものなんです。

牡蠣漁師が、海から揚げたばかりの新鮮な活きたカキをそのままパックで包みました。普通、殻付のカキを食べようと思うと色々と大変ですが、「カキぽん」はパックのまま、レンジでポン!するだけで、ホカホカの蒸しガキを、手を汚さずに気軽に食べられるのです。

f:id:ssshumpei:20140224103157j:plain
f:id:ssshumpei:20140224103155j:plain

1個入り(260円)、2個入り(470円)、3個入り(680円)の三種類があります。

ビールやワインのお供にいかがですか?

カキは2月からグリコーゲン含有量がグンとあがり、美味しさもググンッと増します。

本当のカキの旬の季節が始まりましたので、是非皆さんこの機会にご賞味を!!

f:id:ssshumpei:20140224103156j:plain