読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日本再発見ノート Rediscover Japan. 

株式会社さとゆめ・嶋田俊平の日々の思い、出会い、発見

【プレスリリース】山梨県小菅村に“体感型道の駅”「道の駅こすげ」が3月29日(日)オープン!多摩川源流、人口約700人の村の「地方創生」!

f:id:ssshumpei:20150326001932j:plain

※道の駅の立上げを支援させて頂いている山梨県小菅村から標記のプレスリリースを配信しました。ご関心のある方はぜひお越しください。

2015年3月29日(日)、山梨県小菅村(村長 舩木 直美)は「道の駅こすげ」をオープンいたします。

「道の駅こすげ」は、2014年11月に国道139号線の小菅村・大月市間に「松姫トンネル」(全長3,066メートル。村・市間の車移動所要時間が約30分短縮)が開通したことを受けて、今後増加が見込まれる行楽客等の利用を想定し、既存工場をリノベーション(大規模改修)する形で開設したものになります。

「道の駅こすげ」の特徴としては、従来の道の駅のように、急いで立ち寄ってお土産を購入したり、情報を入手する等の「消費型道の駅」ではなく、ゆっくりと滞在し、源流の自然や魅力を五感で感じる「体感型道の駅」であることです。

イタリア製の本格石窯のある「源流レストラン」では、源流の川の幸・山の幸をイタリア風に調理し、素材の味を引き出した“源流イタリアン”を味わえる他、展示スペースでは、実際の木を利用したシンボルツリーの木立、薪ストーブ、ヒノキの香りのアロマ、鳥の鳴き声やせせらぎなどのBGMなどで癒されながら、小菅村の自然や伝統行事の写真や映像を見ることができます。

報道関係各位におかれましては、3月29日(日)のオープニングイベント・セレモニーにぜひお越しいただき、取材していただければと思っております。報道関係各位のお越しをお待ちしております。

f:id:ssshumpei:20150326001935j:plain

<日時>
2015年3月29日(日) 10:00~(メディア受付開始 9:30~)

<会場>

道の駅こすげ
(山梨県北都留郡小菅村3445)
http://kosuge-eki.jp/

<主催者>
小菅村役場

<催事内容>
■セレモニー(10:00~)
10:00~ 道の駅こすげ竣工式
     関係者挨拶およびテープカット
10:30~ 大菩薩御光太鼓による太鼓の演奏
10:40~ 道の駅こすげ営業開始

■イベント(10:40~)
○ 東京農業大学「多摩川源流大学」プロジェクト企画「こすげー祭り」
○ 村内出店者による出店
○ おもてなし振る舞い「源流汁」の無料配布

<アクセス>
■お車でお越しの方
・奥多摩駅より → 国道411号 → 国道139号 → 小菅村(約30分)
・青梅ICより  → 国道411号 → 国道139号 → 小菅村(約70分)
・大月ICより  → 国道20号  → 国道139号 → 小菅村(約30分)
・上野原ICより → 国道20号  → 県道18号  → 小菅村(約45分)

■所在地情報
〒409-0211 山梨県北都留郡小菅村3445番地
Tel:0428-87-0020 ※「小菅の湯」に隣接
小菅の湯アクセス http://www.kosugenoyu.jp/public/access

<問合せ先等>
■情報発信主体
小菅村役場 源流の村づくり推進室 

■お問合せ先
株式会社さとゆめ
TEL:03-5275-5105  FAX:03-5357-1514

f:id:ssshumpei:20150326001933j:plainf:id:ssshumpei:20150326001934j:plainf:id:ssshumpei:20150326001931j:plainf:id:ssshumpei:20150326001930j:plain