読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日本再発見ノート Rediscover Japan. 

株式会社さとゆめ・嶋田俊平の日々の思い、出会い、発見

さとゆめ、初決算。

f:id:ssshumpei:20140806005908j:plain

さとゆめ、初決算しました。で、不思議な体験をしました。

さとゆめは5月が決算月なので、7月末に、決算報告書をつくって、法人税の申告をしました。

と言っても、決算関係の事務は全て、信頼できる税理士さんに任せっきりでしたし、そもそも、前の会社に勤めてた頃に中小企業診断士の資格でも取ってみようかなと思って、経営のテキスト買って勉強始めたものの、3日坊主にもいかないくらいで断念したクチなので、決算報告書なんて、お恥ずかしいことに見方も分からなかったんです。
(そんな状態でよく起業したなという感じですが・・・。まあ、勢いです 笑)

が! 今回、税理士さんから決算報告書を受け取って、パラパラと「損益計算書」やら「貸借対照表」やらのページをめくってみたら、びっしり書かれた数字が、イキイキと踊るように動き出して、向こうから頭に飛び込んできたんですよ!!(これ、ホント!)

全ての数字が肌感覚として理解できたというか、全ての数字が数字になるまでの、楽しいこと、そして、その何倍ものつらいこと、しんどいこと、泣けたことが、数字とセットになって思い出されて、もう、胸をえぐられるくらいに理解できましたよ。腹パンチされたくらいに強烈に理解できましたよ(笑

ホント不思議なものです。経営のテキスト何べん読んでも、理解できなかったんですけどねぇ。。

その後、決算報告書、家に持って帰って、決算報告書を肴に、ひとりでビール飲みましたよ。(普段は1本で酔っぱらうんですが、2本飲みました 笑)

決算報告書って、酒の肴にもなるんですね(笑

出来たばかりの何の実績もない会社に発注してくださった企業・地域のクライアントの皆さま、危なっかしい会社と協業してくれたビジネスパートナーの皆さま、手漕ぎボートで太平洋に漕ぎ出そうとしているような会社に飛び込んでくれた社員・アルバイトの顔が次々と浮かんできました。

新聞とかで見る大企業の決算からすると、ちっぽけな決算ですが、こうして初決算できたこと。応援・協力・参画してくださった全ての人に感謝です。

この気持ちを忘れないように、一年一年積み重ねていきたいと思います。

(写真は、先週末に行ってきた、中野区の四季の森公園。)