読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日本再発見ノート Rediscover Japan. 

株式会社さとゆめ・嶋田俊平の日々の思い、出会い、発見

タビカレのモニターツアーで、信州・信濃町へ行ってきました。

長野

f:id:ssshumpei:20131020184325j:plain

先週木曜から金曜は、久しぶりに長野県信濃町に行ってきました。

観光庁の「タビカレプロジェクト」(官民協働した魅力ある観光地の再建・強化事業)の全国78のモデル地域の一つに信濃町が選ばれており、僕もアドバイザーという形で事業の企画や運営に関わっています。

「官民協働した魅力ある観光地の再建・強化事業」78の地域とともに「タビカレ」プロジェクト本格始動!~全国どこでも”日本の魅力”に出会える、”楽しい”が見つかる~ | 2013年 | 報道発表 | 報道・広報 | 観光庁

この事業は、新しい観光資源の発掘、魅力開発、旅行商品化を進めるもので、信濃町でも新しい観光商品を企画中でして、まずはモニターツアーをやってみようということになった次第です。

タビカレ/長野県信濃町の紹介

タビカレ/長野県信濃町の紹介/モニターツアー

詳細は、タビカレの信濃町ページの中でレポートされると思うので、私は、自分が撮った写真で簡単に紹介したいと思いまーす。

朝9時に、東京駅からバスで出発。八重洲口のグランルーフ、大きかった!
f:id:ssshumpei:20131019170309j:plain

バスの中でも、信濃町の香りのある樹木(ニオイコブシやクロモジ)の香りを嗅いで、徐々に気分を盛り上げていく工夫も。
f:id:ssshumpei:20131020154659j:plain

3時間ほどで信濃町に到着。まずは、アファンの森でC.W.ニコルさんのお話。
f:id:ssshumpei:20131020183014j:plainf:id:ssshumpei:20131020183047j:plainf:id:ssshumpei:20131019170312j:plain

アファンの森では、児童虐待を受けた子供や震災で親を亡くした子供を受け入れて心の傷を癒したり、企業の社員研修を受け入れたりと、森の可能性をどんどん引き出しています。
f:id:ssshumpei:20131020150704j:plainf:id:ssshumpei:20131020150705j:plain

アファンの森の見学も。風が通り抜ける感じのとても気持ちの良い森でした。
f:id:ssshumpei:20131020183146j:plainf:id:ssshumpei:20131020183101j:plain

アファンの森には天然なめこがいっぱい。菌も、動植物も、人間も元気になる森。
f:id:ssshumpei:20131019170308j:plain

次は黒姫和漢薬研究所で、山野草をブレンドしてマイ健康茶づくり。かつて黒姫高原の開拓者を飢えや病から助けた山野草が、今現代人を癒しています。

f:id:ssshumpei:20131020150706j:plainf:id:ssshumpei:20131019170305j:plainf:id:ssshumpei:20131020150707j:plain

夜はペンションに分泊。僕らは、25周年を迎える名物ペンション「セシルクラブ」に宿泊。

f:id:ssshumpei:20131019170306j:plainf:id:ssshumpei:20131020150713j:plain

到着すると、まずは、ウェルカムドリンクのハーブティー。ペンションの庭で育つフレッシュハーブ。美味しい!!

f:id:ssshumpei:20131020150708j:plain

あと、お好みのお香で部屋を満たしておいてくれるサービスも。

f:id:ssshumpei:20131020150709j:plain

地元の食材を豊富に使った料理も最高。

f:id:ssshumpei:20131020150710j:plainf:id:ssshumpei:20131020150711j:plainf:id:ssshumpei:20131020150712j:plain

寝る前には、希望者には、蒸気芳香浴も。熱いお湯に、香木の精油を垂らして、皮膚からもアロマを吸収。これで、誰でもぐっすりと眠りにつけます。

f:id:ssshumpei:20131020182049j:plain

都会に戻ってからも健康的な睡眠をとるためのミニ講座もありました。

f:id:ssshumpei:20131020182346j:plain

信濃町に関わって、8年目になりますが、どんどんとホスピタリティが高まっているように感じます。。住民や事業者の皆さんが日々、サービス、ホスピタリティの研さんを続けられている成果です。素晴らしいですね。)

そして、翌朝。この日も快晴。
f:id:ssshumpei:20131019170307j:plain

信州・信濃町の真骨頂。午前中いっぱいかけて癒しの森のガイドウォーク。場所は、小鹿池コース。

さとゆめを立ち上げてから初めての信濃町入りですが、旧知のガイドさん達がみんな会社設立を喜んでくれていて、ほんと嬉しかった。頑張るぞ~。

f:id:ssshumpei:20131019170311j:plainf:id:ssshumpei:20131020183907j:plainf:id:ssshumpei:20131020183933j:plainf:id:ssshumpei:20131020183949j:plainf:id:ssshumpei:20131020183959j:plainf:id:ssshumpei:20131019170313j:plainf:id:ssshumpei:20131019170304j:plain
f:id:ssshumpei:20131020184009j:plain

小鹿池コースにも沢山キノコがありました。森が元気な証拠ですね。上から、ナラタケ(食べられる)、ハナイグチ(食べられる)、ベニテングタケ(食べられない)。
f:id:ssshumpei:20131020150716j:plainf:id:ssshumpei:20131020150717j:plainf:id:ssshumpei:20131020150715j:plain

そして、ツアーの締めは、やっぱり蕎麦!寒暖の差が激しい高原で霧の下で育つので『霧下そば』と呼ばれています。美味かった!

f:id:ssshumpei:20131019170310j:plain

信州・信濃町、仕事やプライベートで通い始めて8年目になりますが、毎回新しい感動があります。

今回のモニターツアーが、正式な観光商品としてリリースされる日が楽しみです。

皆さんも是非信濃町にお越しくださいね~!!