読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日本再発見ノート Rediscover Japan. 

株式会社さとゆめ・嶋田俊平の日々の思い、出会い、発見

果菜類の苗植えなど

春の作付けもいよいよ大詰め。農家の高田さんの指導により、いまのところ順調に進んでいる。

ピーマン、甘トウガラシ、なす、ミニトマト、トマト、キュウリの苗を植えた(オクラだけは種で)。あと、なすの苗の間にバジルも少々。バジルを植えると虫が来にくくなるとのこと。

  • 枝豆のカンレイシャ張り

先週種を植えた枝豆は早くも芽を出していた。ベタ張りしていたカンレイシャを、ちゃんとドーム状に張り直した。

  • キャベツ、ブロッコリーの施肥

3月に定植していたキャベツ、ブロッコリーに、化成肥料を施肥。施肥後は土寄せ。

  • ほうれん草とレタスの収穫

早くも収穫。ほうれん草は20センチくらいの高さになっていたので、もう完全に収穫期。レタスは外側の葉だけむしり取る。株毎抜いてしまうと一回しか収穫できないが、こうすると何回も収穫できるとのこと。

  • インゲンの準備

インゲンの苗を植える準備。牛糞を3リットル、万次郎1カップを混ぜ込んで土を耕した。

来週は、ジャガイモの芽を摘む予定。ジャガイモ畑を見に行ったら芽がびっしりと出ていた。一つの種芋から4つ以上出ていたら出過ぎらしい。2〜3つくらいが丁度いいとのこと。