読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日本再発見ノート Rediscover Japan. 

株式会社さとゆめ・嶋田俊平の日々の思い、出会い、発見

第4回山村きぎょうセミナー

イベント

山村再生支援センターのイベント案内です。
3年前からお世話になっている信濃町の浅原さん、今年からご縁のある国際自動車の下山さん、TDKラムダの関本さんも登壇されます。

ご関心のある方はぜひご参加ください。

■第4回山村きぎょうセミナー
「社員の「いやし」の場から、CSR、事業化へ 山村・森林の価値を最大限に活用、連携」

日時: 2010年1月26日(火)13:30-17:00
場所: プラザエフ・7Fカトレア  (東京都千代田区六番町15 主婦会館 JR四谷駅麹町口前)
主催: 山村再生支援センター・日経BP環境経営フォーラム
テーマ: 社員の「いやし」の場から、CSR、事業化へ 山村・森林の価値を最大限に活用、連携

■内容
●第1部
「教育・健康、CSRは山村におまかせください」  竹田純一(山村再生支援センター事務局長)
「職場のメンタルヘルスの重要性」 渡部卓(株式会社アドバンテッジリスクマネジメント ライフバランスマネジメント研究所代表)
「社員研修・CSRにおける山村フィールド活用の実例」 川嶋直(財団法人キープ協会常務理事)
「企業のふるさとづくり協定」からはじまる新たなCSRと事業化
長野県信濃町と2社の事例
 下山慶太(国際自動車株式会社取締役)
 関本和彦(TDKラムダ株式会社管理本部本部長)
 浅原武志(長野県信濃町役場産業観光課商工観光係癒しの森コーデイネーター)
●第2部 森林吸収・木質バイオマス活用の現在 カーボン・クレジットの盛り上がり
「企業と山村のマッチング」 吉野奈保子(山村再生支援センター事務局次長)
国内クレジット制度における木質バイオマスの意義」 豊嶋善基(山村再生支援センタープロジェクト・マネージャー)
「動き始めた森林のオフセット・クレジット(J−VER)」 今野友樹(山村再生支援センター事務局次長)
「日経BP社におけるCSRとカーボン・オフセット」 深尾典男(日経BP環境経営フォーラム事務局長)
●第3部 名刺交換・相談会
【 申し込み 】
日経BP社特設サイトで申し込みを受け付けております。以下のURLからお申し込みください。
https://bpcgi.nikkeibp.co.jp/form-cgi/formhtml.cgi?form=emf01/index.html(日経BP社サイト内)
【 お問い合わせ 】
山村再生支援センター
TEL:03-5477-2678 FAX:03-5477-2609
メール: contact@sanson-navi.jp