読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日本再発見ノート Rediscover Japan. 

株式会社さとゆめ・嶋田俊平の日々の思い、出会い、発見

諏訪商店さん

http://www.yamasu.com/images/f/top.gif

前々から密かにファンだった諏訪商店さんに関する記事が日経新聞千葉県版に載っていました。

諏訪商店、「ららぽーと」に地元産品のお店を出店!?

しかし、喜びもつかの間、「ららぽーと柏の葉キャンパス」(家から15分)ではなくて、「ららぽーとTOKYO―BAY」(@船橋、家から2時間)でした。

諏訪商店、「ららぽーと」に地元産品 月内に「船橋」に出店
千葉の新たな特産品を企画・販売する諏訪商店(千葉県市原市、諏訪寿一社長)は6月下旬、大型商業施設「ららぽーとTOKYO―BAY」(千葉県船橋市)内に「房の駅」の新店舗を開く。県の名産品を販売する直営の単独店が4店舗あるが、ショッピングモールへの出店は初めて。出店拡大を見据え、様々な形態での出店ノウハウを蓄積する狙い。
(中略)
直営店と同様に、地元産の落花生を使った菓子や、ヒジキでつくったふりかけなど同社開発の約2000商品を陳列する。そのうちの野菜は船橋、鎌ケ谷、習志野の各市の地元契約農家が直接持ち込む販売方法で、約30の農家と契約する予定だ。
日本経済新聞

それにしても、「地元産の落花生を使った菓子や、ヒジキでつくったふりかけなど同社開発の約2000商品を陳列」って凄いなあ。ショッピングセンターに農家に野菜を直接持ち込んでもらうという販売手法も面白そうだ。

「ららぽーと柏の葉キャンパス」への出店もお待ちしています。

ちなみに、諏訪商店さんの経営理念には、千葉愛が溢れています。

うまい、健康、千葉のいずれかの特徴を持った商品を企画開発し作り、販売をする。
千葉にきたお客様が、我が社の商品を購入し、幸せな気分になる。また千葉に来なくとも我が社の商品を購入し、幸せな気分になる。そうした小さな幸せを感じ取れる商品づくり、営業活動、ルート作り、売り場作り、店作りを基本とする。
TOPページ|株式会社 諏訪商店|FUSAコーポレーション