読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日本再発見ノート Rediscover Japan. 

株式会社さとゆめ・嶋田俊平の日々の思い、出会い、発見

好きじゃき、やれるっとっちゃろ。

言葉 宮崎

今日、ついに三十路に突入してしまいました。

振り返って、自分の十代、二十代に何の後悔もありません。

三十代も、そう言い切れる10年間にしたいと思います。

それはそうと、今森林組合の研修の仕事で宮崎に来ているのですが、今夜ついさっき、とてもナイスな言葉を聞きました。

「好きじゃき、やれるっとちゃろ。他の人がやらんき、やっとっちゃろ。」

この言葉の発言者は、宮崎県高千穂の森林組合に勤める20代前半の青年。

彼は、20歳の時に自分のお金で山を一町歩買ったそうです。(ちなみに、東京ドームより広い面積です。)

服装や髪型が今風なので、意外な感じがして、あれこれ聞いてみました。

森林組合に勤めはじめてまもなくの頃、実家の近くの共有林が皆伐され(裸地のまま)売りに出されたものを購入したとのこと。それから毎年のように、夏の炎天下の下刈りを一人で続けているのだそうだ。

滝のような汗をかき、蜂にさされ、マムシに噛まれそうになりながらの下刈り。夕立でびしょびしょに濡れることもしょっちゅう。それが、1週間以上も続く。しんどくて、しんどくてしょうがない。これから刈らないといけないところを見るとげんなりしてしまう。そう話す。

「そんなしんどいんなら、なんで買ってまでやってるん?」と聞いた私に、彼が地の言葉で言い切ったのが、

「好きじゃき、やれるっとちゃろ。他の人がやらんき、やっとっちゃろ。」

理由はこれで十分ですよね。結局それだけですよね。

その言葉に、お腹いっぱい、胸いっぱいです。

自分も「好きだからやる。他の人がやらないからやる。」という生き方をしていきたいと考えているので、思わず彼と握手をしたくなりました。

ただそれも照れくさいので、彼の空いたグラスにビールを注ぎました。

彼の言葉を、三十路の門出の言葉に頂いてしまおうとひそかに思っています。