読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日本再発見ノート Rediscover Japan. 

株式会社さとゆめ・嶋田俊平の日々の思い、出会い、発見

道の駅@南房総

千葉

GWは今日まで、房総半島一周の旅に行ってきた。

千葉の柏に、かれこれ合計8年程住んでいるのに、千葉の本体とも言える「半島部」に全く行ったことがなかったので、このGWに、味わい尽くすのは無理としても、まずはスケール感だけでも掴んでこようというのが趣旨。

出発前、会社の人に「伊豆半島くらいのつもりで行ったら痛い目に合うよ」と脅されたが、行ってみて納得。紀伊半島と同じくらいのスケールと思ったほうが良いだろう・・・。

房総半島で見たこと・感じたことはボチボチ書いていきたいと思うが、まずは、旅行2日目に南房総は千倉で立ち寄った道の駅「ちくら潮風王国」の報告を。

ここで思ったのは、道の駅って何でもアリなんですね、ということ。


道の駅というよりは、漁協?、アジアの市場?といった味わい。



採れたてのサザエ、アワビ、魚。ピチピチ。



なんとサザエのUFOキャッチャーまで置いてある。


千倉在住のイラストレーター山口マオさんプロデュースのミニギャラリーも。


道の駅のすぐ背後には太平洋。潮が引いたところに、絶好の磯遊びスポットが出現。


プロの方。腰のカゴにはぎっしりがサザエ、アワビが入っている。これが道の駅で売られているのだろう。

今回は車の旅ということもあって、道の駅をよく利用したけど、房総半島の道の駅は、どこも特色があって面白かった。千倉を含む南房総市には、なんと7箇所も道の駅があるので、差別化したいという力も働いているのだろう。

その夜食べたサザエの壷焼き、美味しく頂きました。