読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日本再発見ノート Rediscover Japan. 

株式会社さとゆめ・嶋田俊平の日々の思い、出会い、発見

鳥取

信州信濃町「御祈願米」、初詣で頒布します。

10月から、「朝米」「夜米」として販売している長野県信濃町のお米が、新しい展開を見せています。2015年の初詣(明日から!)で、鳥取県米子市にある和田御﨑神社で頒布(お分け)して頂くことになったのです。和田御﨑神社の神主さんが「家内安全」「商売…

鳥取にて、お盆。

お盆は鳥取の家で過ごしました。3年前に亡くなった祖父母から相続した古い家です。一週間いたので、のんびりできると思っていたのですが、お盆の前に、庭師さんに来てもらってジャングルと化した庭の手入れをしたり、大工さんに来てもらって階段のガタツキを…

旅、また旅。 ~フォレスター研修・三回忌・アンパンマン列車・沖縄視察~

久々の更新。先々週からこの週末にかけて、公私ともに旅が続いて、更新が滞ってしまいました。ここ最近行ってきたところをいまさらメモ。(最近、そういえば○○っていつ行ったんだっけなあ?とか、あのとき○○で何やったんだっけ?とか思ったら、自分のブログ…

鳥取でのゴールデンウィーク

鳥取で、祖父母が住んでいた家の掃除や庭の手入れ、朽ちた小屋の撤去などを済ませて、東京に戻る新幹線の中です。祖父母はもういませんが、家をきれいにしてあげて、仏壇に手を合わせ退職と起業の報告をして、ようやく、自分としても、新しいスタートを切れ…

ゴールデンウィーク

ゴールデンウィーク後半は、祖父母が住んでいた鳥取市内の家の掃除三昧。昨年末に祖父母が相次いで亡くなってしまった関係で、この家を僕が急きょ相続することになったからだ。親の世代から孫の世代まで家族の思い出が沢山詰まっている家なので、なんとか残…

祖父の思い出、そして自分が大切にしたい二つのこと(2012年の年始にあたって)

年末も押し迫った昨年12月20日、祖父が亡くなりました。享年99歳でした。祖母が亡くなったのが11月22日ですので、四十九日も済ないうちに、祖母を追いかけるかのように亡くなってしまいました。私は、祖父母の「長男」として養子入りしているので(嶋田家に…

祖母のお葬式

鳥取の祖母が、11月22日の深夜、他界しました。享年90歳でした。母方の祖母ですが、私は養子に入っているので、戸籍上は母になります。23日の朝に鳥取に帰り、喪主として、通夜、葬儀・告別式等を執り行いました。今回、祖母の遺体に足袋や草履を履かせたり…

祖父母のお見舞いなど

週末は、98歳の祖父と90歳の祖母のお見舞いで鳥取へ。金曜夜に、久々に東京発鳥取行きの高速バス・キャメル号で移動。21時発。翌朝に鳥取に着き、お見舞い。歳が歳なのでだいぶ弱っていたが、二人とも体調は落ち着いているようだったので、少し安心。元気に…

三連休

三連休は、98歳になる祖父と89歳の祖母が住む鳥取へ帰省してきた。 正月以来帰っていなかったし、祖父が歳も歳なので何も不思議ではないのだけど、身体の自由がきかなくなってしまったというので、お見舞いもかねて。祖父は、一日中ベッドに横たわってはいた…

2010年を振り返って〜都市と農山村の『相互作用』を創出する『双方向』ビジネス〜

昨日、帰省先の鳥取から自宅に戻った。鳥取は、ニュースでも大きく取り上げられていたように、記録的な積雪があり、鳥取市内の祖父母宅でも50センチ近く積もっていて、雪かきしないと外にも出られない状況だった。 JR山陰線で列車が止まって、乗客が車内に閉…

みたき園@智頭町

先日鳥取にお宮参りで帰った折に、智頭町長を訪ねました。3月6日に浜松市で開催した「まち・もりシンポ」への出演の御礼と、近況報告に。(参照:浜松「まち・もりシンポ」、満員御礼! - 日本再発見ノート Rediscover Japan.)相変わらずのパワーとホスピタ…

お宮参り

日曜日に、鳥取の聖神社で娘のお宮参りをしました。 その土地の守り神である産土神(うぶすながみ)に赤ちゃんの誕生を報告し、健やかな成長を願う行事です。昔は、氏神さまに参拝して新しい氏子(うじこ)として神さまの祝福をうける行事とお産の忌明けの儀…

智頭急行

2年振りくらいに智頭急行「特急スーパーはくと」に乗り、姫路経由で帰京。驚いた。全面改装をしたのか、木目調のシートで、とてもきれい&格好いい内装になっていた。儲かってる会社はちゃいますな〜。 数多くの第三セクター鉄道が赤字を抱える中、北越急行…

智頭町訪問

雪が舞う鳥取空港に1時間遅れで到着。 寒波による降雪で、離着陸に遅延が出ていたのだ。空港から、とっとり総研の早尻さんのご案内で智頭町へ。学生時代京都から鳥取に帰省する度に、「スーパーはくと」の車窓から何度となく見ていた智頭の町。訪問目的は、3…

久々の鳥取

今日は、県の研究所に勤める林業研究者に会いに、久々に鳥取に。久松山にも会えました。相変らずのまるっこさです。それにしても、鳥取に降り立ったとたん、時間がゆっくりと流れ始めるような気がします。自分の歩く速度も自然とゆっくりになります。歩いて…

雑煮分布

新年あけましておめでとうございます。元旦は、毎年のことだけど、雑煮とお節を食べて、近くの聖神社に初詣。大晦日の夜から振出した雪が20センチ程の深さになっていた。神社でひいたお御籤は小吉・・・。今年は地道に頑張ります・・・。さて、雑煮についてですが…

究極の自治@智頭町

鳥取県の智頭町で、「住民が町の政策を立案し町長と予算折衝まで行う試みを進めている」そうだ。智頭町は、鳥取に帰省する際に(日本海沿いではなく中国山地を横断して帰る場合)必ず通過する山深い山村。智頭林業として名を馳せた林業地でもある。「智頭町…

コナンと風車のまち

赤碕に向かう途中、やけに風車が目についた。 家に帰って調べてみると、その辺りは鳥取県東伯郡北栄町に位置し、この北栄町は「コナンと風車のまち」というコンセプトでまちづくりを進めているとのこと。どうりで海岸沿いの道路脇の目立つところに並んでいた…

久松山

もう一つ、鳥取関連。鳥取市内どこからでも見える、角がまるまった台形のような形をしたお山、それが久松山(きゅうしょうざん、標高263m)。 鳥取に来て、この山が見えると、いつも思わずにんまりしてしまう。「よう、久しぶり」てな具合に。 ただ、しばら…

花見潟墓地

花見潟墓地 この墓地は、東西約三四九米、南北約一九〜七九米、面積約二万平方米の広さで西日本の自然発生墓地では、最大級と言われ、とりわけ、海岸に面した墓地としてはきわめて稀である。発生起源は不明だが、石造物などから中世後半以降の成立と推定され…

鳥取スイカ

20世紀ナシの次は、鳥取スイカ? アラブ首長国連邦(UAE)のドバイで販売された鳥取スイカが七日、同じUAE加盟国のラス・アル・ハイマ(RAK)の王族に贈られた。ドバイで絶賛され、アブダビ王室にも献上された鳥取スイカにまた名誉な肩書きが加わり…

倶会一処

GWに鳥取県赤碕にある墓のお参りに行ったときのこと。広い広い日本海の上に、広い広い空が広がっていて、 沢山のお墓は、海に向かって、立っている。「立っている」という表現はしっくりこない。広い海と広い空というナイスなロケーションを 求めて、墓石た…