読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日本再発見ノート Rediscover Japan. 

株式会社さとゆめ・嶋田俊平の日々の思い、出会い、発見

公開シンポジウム“「メンタルヘルスとツーリズム」最前線”

f:id:ssshumpei:20160213170438j:plain

3月7日(月)に、都内で公開シンポジウムを開催します。(長野県池田町主催、弊社さとゆめは企画・運営全般を担当しています。)

インバウンド、地方創生、ストレスチェック義務化などの外部環境の変化により、観光・ツーリズムは激動の時代に入っています。そんな背景を踏まえて、観光・ツーリズム、特にヘルスツーリズムが今後どうあるべきか、参加される皆さまと考えていきたいと思います。

長野県・阿部守一知事が、お忙しい中ご登壇くださる他、 ロハス・ビジネス・アライアンスの大和田順子さん、カミツレ研究所の北條裕子さん、Momo統合医療研究所の木村理砂先生、長野県・森林セラピーアドバイザーの 浅原武志さん他、かなりの豪華メンバーとなっています。この分野に関心のある方は見逃せない内容かと!

ぜひお誘いあわせの上、ご参加ください!!

====【長野県知事ご登壇!公開シンポジウムのご案内】=====
    “健康長寿県”長野からのご提案!
    「メンタルヘルスとツーリズム」最前線
   ~地方創生 × ストレスチェック義務化 × インバウンド~
  
  2016年3月7日(月) 都市センターホテル(永田町駅徒歩3分)にて
  ★案内チラシはコチラ⇒http://satoyume.com/0307/0307.pdf
  【主催】 長野県 池田町  【後援】長野県(予定)
==============================

全国で白熱する地方創生のムーブメント、インバウンド(訪日外国人)の
急激な増加などを背景に、観光・ツーリズムに対する地域や企業の関心、
ニーズが高まっています。
また一方で、労働安全衛生法の一部を改正する法律(ストレスチェック義
務化)の施行等を受けて、都市部では農山村の有する“癒し効果”に対す
るニーズが高まりつつあります。

メンタルヘルスケアとツーリズムの融合により、こうした社会のニーズを
一体的にとらえようという動きが、“健康長寿県”長野で、県をあげて始ま
っています。

「花とハーブの里」を掲げハーバルヘルスツーリズムに取組んできた
長野県池田町は、この度、長野県知事 阿部守一氏をお招きして、
首都圏の企業等の皆さまと「メンタルヘルスとツーリズム」の今後のあり方
を考えるシンポジウムを開催します。ぜひお誘いあわせの上、ご参加ください。

<開催日時> 
 2016年3月7日(月)14:30~16:30 (開場14:00)

<会 場>  都市センターホテル 6階 606会議場
 (東京都千代田区平河町2-4-1)※東京メトロ「永田町駅」徒歩3分
 http://www.rihga.co.jp/toshicenter/access/index.html

<定 員> 70名 ※参加申込者多数の場合は、先着順となります。

<対 象> 従業員のメンタルヘルスに課題・関心をお持ちの企業、
       地方自治体、観光事業者、へルスケア事業者、メディア等、
       メンタルヘルスやツーリズム等に関心をお持ちの皆さま

< 参加費>  無料

<参加申込方法>
  以下のチラシの参加申込み書に必要事項を記入の上、FAXでご送信
  ください。
  (チラシ&参加申込書) http://satoyume.com/0307/0307.pdf
  または、以下の項目を、運営事務局 (株)さとゆめ ( tourism@satoyume.com )
  まで、ご送信ください。
   ○お名前
   ○ご所属
   ○連絡先(電話番号、メールアドレス)
   ○(同じ所属先から複数名参加される場合)参加人数

<タイムスケジュール>
14:00 開場・受付開始
14:30 開会
14:40 基調講演
『地方創生とヘルスツーリズム ~長野県の取組み~』
(長野県知事 阿部 守一氏)
15:10 話題提供
『ストレスチェック義務化とヘルスツーリズム』
(Momo統合医療研究所 所長 医師・医学博士 木村 理砂氏)
15:25 事例紹介①
『長野県池田町のハーブの里づくりの取組み』
  (池田町 振興課長 宮崎 鉄雄)
15:35 事例紹介②
『カモミールの可能性とビオホテル“八寿恵荘”の取り組み』
  ((株)カミツレ研究所 代表 北條 裕子氏)
15:45 パネルディスカッション
『都市や海外のニーズを捉えた新たなヘルスツーリズムのあり方』
○ Momo統合医療研究所 所長 医師・医学博士 木村 理砂氏
○ 長野県・森林セラピーアドバイザー 浅原 武志氏
○ 池田町 振興課長 宮崎 鉄雄
○ (株)カミツレ研究所 代表 北條 裕子氏
<ファシリテータ>
○ (一社)ロハス・ビジネス・アライアンス 共同代表 大和田 順子氏
16:30 閉会

【主催】 長野県 池田町  【後援】長野県(予定) 
【お問合せ】 池田町役場 振興課 (担当 宮澤) 
        (TEL)0261-62-3127/(FAX) 0261-61-1145
f:id:ssshumpei:20160213171000j:plain

(ある意味)地方創生の後日談

f:id:ssshumpei:20160210194720j:plain

昨日まで、一泊二日で、長野県池田町の皆さまを、同じ長野県の信濃町にお連れする視察ツアーをコーディネートさせて頂きました。

信濃町に関わりはじめて早9年。視察やモニターツアーに同行することは多々ありますが、毎回新たな発見があります。

今回は、「信濃町では20年以上も前に(今で言う)地方創生が起きていた、と言うことですよね」という声にハッとしました。

黒姫高原や斑尾のスキー場がある信濃町は最盛期でスキー客向けのペンションが150軒ほどあったそうですが、そのペンションのオーナーの多くが20年程前に都会から移住して来られた方でした。都市から地方への大規模な人の流れ。これってまさに、今の地方創生がやろうとしていること。

しかし、その後、スキーブームは去り、ペンションの数も70くらいに減ってしまいました。

が、そこで終わらないのが信濃町の強さ。スキーブームの終わりに危機感を感じたペンションオーナーやガイドさんが中心になって、「スキーの次の産業を!」と立ち上げたのが「癒しの森」事業。今40社近くの都市の企業さんと協定を結んで、スキー客が入らないグリーンシーズンも含め多くのお客さんが来られるようになっています。

この、(ある意味)地方創生の後日談を見聞きするにつけ、やはり、地方創生は「ひと」だなと思います。時代が変われば、地方創生のテーマも変わらざるを得ない。ただ、そこに住むひとの地域への愛着や誇りがあれば、その時代時代の中で突破口を見つけられるのだなと。

そんな気づきも含め、楽しい、有意義な二日間をお付き合いくださった信濃町、池田町の皆さまに感謝です。自治体の垣根を越えたパートナーシップを育んでいきましょう。そのお手伝いができ光栄です。

f:id:ssshumpei:20160210194829j:plainf:id:ssshumpei:20160210194835j:plainf:id:ssshumpei:20160210194839j:plain

「残したい建物を見守るシステム(仮称)構築検討会」に出席

f:id:ssshumpei:20150815234203j:plain

認定NPO法人古材文化の会が主催する「残したい建物を見守るシステム(仮称)構築検討会」の検討委員の委嘱を受け、8月10日(月)に京都市「ひと・まち交流館」で行われた第1回検討会に出席しました。

特定非営利活動法人 古材文化の会 (旧古材バンクの会)


認定NPO法人古材文化の会では、歴史ある建物が安易に解体されることを防ぐために建物を残したい所有者を支援する仕組みを検討し、「残したい建物を見守るシステム」(仮称)を2014年の春に提唱し、現在、試験運用中です。

2015年度には、文化庁への企画申請が認められ、文化庁からの委託事業として「『残したい建物を見守るシステム(仮称)』の整備」という事業に取り組み、試行中の見守るシステムの詳細を検討することになりました。

この仕組みが動き出せば、歴史ある建物の所有者が専門的な知見を持った人材と話し合いながら保全・活用のあり方を考えることができ、また、古材文化の会などが養成している京都市文化財マネージャー等の人材の活躍の場が開けます。

検討会は今年度中に計3回予定されておりますので、「残したい建物を見守るシステム」(仮称)の効果的かつ持続可能な事業化に向けて、多少なりとも蓄えてきた知見や経験を踏まえ、検討会の場で積極的に提案してまいります。